作成者別アーカイブ: st-hallo

インディゴ地平線

君と地平線まで 遠い記憶の場所へ
溜め息の後の インディゴ・ブルーの果て

つまづくふりして そっと背中に触れた
切ない心を 噛んで飲み込むにがみ

逆風に向かい 手を広げて
壊れてみよう 僕達は 希望のクズだから

歪みを消された 病んだ地獄の街を
切れそうなロープで やっと逃げ出す夜明け

寂しく長い道をそれて
時を止めよう 骨だけの翼 眠らせて

凍りつきそうでも 泡にされようとも
君に見せたいのさ あのブルー yeah

君と地平線まで 遠い記憶の場所へ
溜め息の後の インディゴ・ブルーの果て

逆風に向かい 手を広げて
壊れてみよう 僕達は希望のクズだから

凍りつきそうでも 泡にされようとも
君に見せたいのさ あのブルー

少し苦しいのは 少し苦しいのは
なぜか嬉しいのは あのブルー yeah

スピカ

この坂道も そろそろピークで バカらしい嘘も消え去りそうです
やがて来る 大好きな季節を思い描いてたら
ちょうどいい頃に素敵なコードで 物凄い高さに届きそうです
言葉より 触れ合い求めて 突き進む君へ

粉のように飛び出す せつないときめきです
今だけは逃げないで 君をみつめてよう
やたらマジメな夜 なぜだか泣きそうになる
幸せは途切れながらも 続くのです

はぐれ猿でも調子がいいなら 変わらず明日も笑えそうです
ふり向けば 優しさに飢えた 優しげな時代で

夢のはじまり まだ少し甘い味です
割れものは手に持って 運べばいいでしょう
古い星の光 僕たちを照らします
世界中 何も無かった それ以外は

南へ向かう風 流れる雲に
心の切れはしを 託したならば
彼方へ…

粉のように飛び出す せつないときめきです
今だけは逃げないで 君を見つめてよう
やたらマジメな夜 なぜだか泣きそうになる
幸せは途切れながらも 続くのです
続くのです

恋は夕暮れ

恋は昨日よりも 美しい夕暮れ
恋は届かない 悲しきテレパシー

恋は待ちきれず 咲き急ぐ桜
恋は焼きついて 離れない瞳

蝶々になる 君のいたずらで
ただ朱く かたちなき夢を
染めていくような夕暮れ

恋は迷わずに 飲む不幸の薬
恋はささやかな 悪魔への祈り

こだまする 君の囁きが
ただ朱く かたちなき夢を
染めていくような夕暮れ

武器を捨てて僕はここにいる
まぶたの内側で生きている
くすぐる風に運ばれるまま
ながめた夕暮れ

恋は昨日よりも 美しい夕暮れ
恋は届かない 悲しきテレパシー

蝶々になる 君のいたずらで
ただ朱く かたちなき夢を
染めていくような夕暮れ